デリヘルは自宅とホテルどちらに呼ぶべき?/風俗大百科

デリヘルのサービス、遊び方を知ろう!デリヘルユーザーが最も知りたいことの一つ「デリヘルは自宅とホテルどちらに呼ぶべき?」をご紹介。

デリヘルは自宅とホテルどちらに呼ぶべき?

デリヘルは自宅とラブホテル、どちらにも呼んで遊ぶことができます。近くにラブホがないから自宅、家族と住んでいるからラブホ、というようにどちらかでしか遊べない人もいると思いますが、一人暮らしで周りにラブホテルもある、という環境の男性はどちらに呼んで遊ぶのがいいのでしょうか?

デリヘルを自宅に呼ぶメリット・デメリット

デリヘルを自宅に呼ぶ人は、家から一歩も出なくていい、男性スタッフに会わなくていい・・・という楽さとプライベート感を重視しています。

自宅デリヘルは自分の部屋でプレイをするので、いわばホームコースなわけです。ただ、自宅だから安心できる人ばかりではなく、自宅だからこそ緊張してしまう人もいると思います。

デリヘル嬢と出会った後のメリットとしては、本当の彼女といるような感覚になれることですね。ピンポン、とチャイムがなって玄関を開けると好みの女の子がいる。付き合っている彼女となればエッチなことをする前に話をしたり食事をしたりDVDを見たり・・・とデートらしいことをしますが、そこを飛ばしたデート、という感覚です。

ただ、その分デートと同じくらい部屋の掃除・整理整頓には力を入れないといけません。絶対綺麗にしなければならないわけじゃありませんが、部屋や本人に清潔感がないと、デリヘル嬢は生理的に引いてしまい最低限の仕事しかできなくなります。

引かれてしまう部屋が出来上がっているなら、綺麗なラブホテルを選んだ方がいいでしょう。

デリヘルをホテルに呼ぶメリット・デメリット

デリヘルをラブホテルに呼ぶ人は、自宅バレしたくない、広い部屋で遊びたい・・・という安心感と開放感を重視している人が多いです。

自宅の住所を知られたくない、という意見は多いのですが、実際住所が悪用されることはないのでホテル代を節約して自宅で遊んだ方がいい人もたくさんいます。

ラブホのメリットといえば、エッチなことをするための部屋である、ということでしょう。綺麗に清掃してある、部屋が広い、浴室・浴槽が広い、ベッドが広い、多少汚れても大丈夫・・・など、事前も事後も面倒な準備をする必要がありません。

あとデリヘル嬢は色々なラブホを巡っているので、ラブホでの立ち回りに慣れています。自宅でもデリヘル嬢が流れを作ってくれますが、立場的・気分的にこちらが招く側になるのは避けられません。リードしてもらいたいなら、ラブホに呼んだ方が良いというわけです。

あと冒頭で少し述べましたが、ラブホを利用する際は当然ながらホテル代が掛かります。デリヘルで遊ぶくらいの時間なら3時間程度の休憩、もしくは1.5〜2時間程度のサービスタイムを利用することになりますが、3,000〜4,000円ほど掛かります。

自宅ならその分、刺激的なオプションプレイを追加したりできますね。

自宅に呼べるなら自宅に呼ぶべき

結論として、デリヘルは立場や状況的に自宅に呼ぶことができるなら、自宅に呼ぶべきだと感じます。

デリヘルは風俗の中でもリーズナブルに色々なプレイが楽しめるジャンルですが、ラブホテルで遊ぶ際はそのホテル代で他の風俗よりも高くなったりしてしまいます。

またデリヘルの流れとして、自宅の場合は電話で予約をすればあとは自宅で待っているだけですが、ラブホテルの場合は使いたいラブホテルを調べ、予約の電話の際に伝え、15分ほど前にそのラブホテルの部屋に入り、フロントに後から相手が来る旨を伝え、再度掛かってくる電話で部屋番号を伝え、デリヘル嬢がフロントに到着したらフロントスタッフから鍵を開けて良いかの電話がくる。

・・・目が回りそうですね。

そうは言っても実際動いてみると文章で読むほど難しくはありませんが、慣れるまでは一つ一つ工程を思い出しながら進めないとどこかでアレ?ということが起きるかもしれません。簡単にデリヘルの良さを十分に堪能するには、自宅のほうがシンプルだということですね。