風俗エステでのOKな会話?NGな会話?/風俗大百科

エステ嬢のタイプによって会話の内容を変えよう!どんな会話をすればいいか紹介。

風俗エステでのOKな会話?NGな会話?

風俗エステに行くと、エステ嬢からマッサージのサービスを受けますよね。当然、サービス中には、エステ嬢と二人きりで会話をすることになります。では、風俗エステのサービス中にエステ嬢とはどんな会話をすれば良いのでしょうか。

風俗エステ嬢の4つのタイプ!

一般的な風俗にもいえますが、風俗エステにもいろんなタイプのエステ嬢がいます。彼女たちをお客様との会話の仕方で分けると、次の4つのタイプに分かれます。それぞれのエステ嬢のタイプの特徴を知ることで、距離のとり方や会話のポイントをつかむことができます。

1つ目が「積極的に話しかけてくるタイプのエステ嬢」です。こちらのタイプのエステ嬢は、人なれ、会話なれしているので、テンポよく会話ができます。彼女たちの話に合わせて、相槌や返事をするだけでスムーズに会話を楽しむことができます。

2つ目が「聞き上手なタイプのエステ嬢」です。こちらのタイプのエステ嬢は、普通に会話はできますが、自分の方から積極的に会話はしません。お客様が思ったことを適当に話すだけで、会話にのってくれます。

3つ目が「マッサージに集中するタイプのエステ嬢」です。こちらのタイプのエステ嬢は、一般的な会話はあまりしません。ただし、マッサージに関しては、こだわりがあるので「最近〇〇が凝っている・・・」といえば、話にのってきてくれます。

4つ目が「会話のポイントがずれているタイプのエステ嬢」です。こちらのタイプのエステ嬢は、悪気はないのですが、会話のポイントを上手くつかむことが下手なタイプです。ずれたら、ずれたなりの会話で楽しんでみることで、なんだかほっこりとした気分になります。

風俗エステでのNGな会話の仕方とは?

こちらでは、風俗エステでのNGな会話の仕方についてご紹介します。当然ですが、風俗エステでもNGな会話の仕方があります。風俗エステでのNGな会話の仕方は次の3つです。それぞれ詳しくご紹介します。

1つ目は「エステ嬢にしつこく質問する」ことです。エステ嬢と会話をしていると、いろいろと気になる話題が出てきます。

エステ嬢の方から自ら話してくれる時は良いですが、露骨に嫌顔されている時には、察してあげて、話のテーマを変えるようにしましょう。エステ嬢にしつこい質問は、特にNGです。

2つ目は「エステ嬢を責めてしまう会話をする」ことです。エステ嬢の放ったちょっとした一言が、気に障ってしまうことはあります。

ただ、本人たちには全く悪気はありません。そんな時は、しょうがない女の子だと思って、スルーされてください。

3つ目は「ネガティブ過ぎる会話をする」ことです。風俗エステで、会社や家庭の愚痴や陰口をいうことは全く問題ありません。

ただし、あまりにもネガティブ過ぎる会話になるとちょっと問題です。愚痴や陰口をいった後に、ちょっとでも笑いを交えることで、場がなごみますよ。

風俗エステでのOKな会話の仕方とは?

こちらでは、風俗エステでのOKな会話の仕方についてご紹介します。風俗エステでは、こちらでご紹介する会話の仕方を実践することで、エステ嬢と楽しい時間を過ごすことができます。風俗エステでのOKな会話の仕方とは次の3つです。それぞれ詳しくご紹介します。

1つ目が「マッサージテクニックを褒める」ことです。基本的に風俗エステはマッサージが目的です。そのため、マッサージに関して、エステ嬢にはたくさんの話のネタがあります。

何も会話がない時には「最近、〇〇が凝っている」「〇〇をほぐして欲しい」といってみましょう。そこから会話が広がっていきますよ。その後、マッサージテクニックを褒めてあげることで、エステ嬢も喜んでくれ、さらに話が弾みます。

2つ目が「ちょっとした悩みを話す」ことです。ちょっとした悩みを話すだけでも、エステ嬢も心を開いてくれます。すると、お客様の方は気持ちがすっきりできて、エステ嬢の方も悩みに対してプチアドバイスができたことで、お互いが良好な関係になることができます。

3つ目が「君を選んでよかった」といってあげることです。ほとんどのエステ嬢は、自分の接客やマッサージテクニックで、お客様は満足してくれただろうかと思っています。

サービスの終了が近くなってくると、エステ嬢たちにはちょっとした不安感が広がってきます。そんな時「今日は君を選んで本当によかった」といってあげることで、エステ嬢たちはホッとすることができ、最後まで手抜きなく良いサービスをしてくれます。