風俗エステはどんな客層なのか?/風俗大百科

風俗エステはどんな客層が行くお店なのかご紹介します。

風俗エステはどんな客層なのか?

風俗エステ初体験であれば、どんな客層が行くお店なのか気になりますよね。できれば事前におおよその客層を知りたいところです。今回は風俗エステはどんな客層なのかについてご紹介します。

風俗エステの客層の全体的な印象!

こちらでは、風俗エステの客層の全体的な印象についてご紹介します。当然の話ですが、風俗エステに遊びに来られるお客様は、基本的には風俗好きなお客様ばかりです。

なので、ほとんどの風俗を遊び尽くした方もいれば、自分に合った風俗を1つ1つ探されている方もいらっしゃいます。その中でも特に風俗エステの客層に多いのが次の3つのタイプのお客様です。

まず1つ目が「常識人タイプ」です。風俗によっては、溜まった性欲を発散したくてウズウズしているお客様が対象の風俗もあります。すると、理性よりも湧き上がる性欲の方が勝り、どうしても自分を抑えられなくなります。

ところが風俗エステに遊びに来られるお客様は、溜まった性欲の発散よりも、女性セラピストとまったり、ゆったりした時間を過ごしたいと思っておられる方がほとんどなので、理性的で常識人タイプのお客様が多いです。

2つ目が「お金に余裕があるタイプ」です。風俗エステのお客様には、ガツガツした方がほとんどいらっしゃいません。安定したお仕事をされていて、既婚者や彼女持ちの方が多く、お金にも余裕があります。そのため軽い遊び感覚でいらっしゃいます。常にスマートで、遊び上手な方が多い印象です。

3つ目が「清潔で、安全な女性と遊びたいタイプ」です。こちらのタイプのお客様は、なによりも「病気」に対するリスクを警戒されています。風俗で遊びたいが、病気をもらってまで、危険な遊びはしたくないと思っている方です。

よって病気を回避されたい方は、風俗エステを選んでいただいています。風俗エステには「粘膜接触」がなく、風俗の中でも最も安全な部類の遊びです。

風俗エステの各年代別の客層!

こちらでは、風俗エステの各年代別の客層の印象についてご紹介します。風俗エステも、他の風俗と同じで、あらゆる世代のお客様が遊びに来られます。それぞれの層で楽しみ方に違いがあります。ではどんな楽しみ方をされているのでしょうか。

50代以上のお客様は、ガツガツしたものが一切なく、落ち着いて楽しまれています。主にロングコースを選ばれ、ゆっくりと時間をかけたマッサージがお好みです。会話もどちらかというと、聞き役に徹され、女性セラピストのお父さん的立ち位置で、緩い世間話をすることを楽しまれています。

40代のお客様は、会社では重要な立場におられ、家庭でも子育てがあと一息で終わりのところまでこられており、精神的、肉体的にもいっぱい、いっぱいの方が多い印象です。

会話などは、どちらかというと自分からしゃべられ、会社や家庭の愚痴をセラピストに聞いて欲しいという感じです。とにかく、いいたいことが溜まっておられるので、女性セラピストは優しい聞き役に徹してくれます。

30代のお客様は、仕事も順調、家庭も順調で、最もイケイケの年代です。全てに順調で、楽しみながら生きておられ、いろいろな楽しい話を女性セラピストに聞いてもらいたいと思って遊びに来られます。

性欲は有り余っているが、家庭を壊したくないので、下手な浮気でトラブルになるよりも、風俗エステで手コキで抜いてもらい、すっきりされています。

20代のお客様は、風俗デビューの方が多く、他の風俗との違いを知るために遊びに来られています。友達と一緒にご来店される方も多く、鼠径部マッサージや手コキで責められ、一気に「M 気質」にお目覚めになられる方もいらっしゃいます。

風俗エステにお客様が求めているもの!

こちらでは、風俗エステにお客様が求めているものについてご紹介します。風俗エステには、あらゆる職種、収入、年代のお客様が遊びにみえられます。

ところでお客様たちは、一体風俗エステに何を求めて遊びにこられるのでしょうか。お客様は次の3つについて、風俗エステに求められているといわれています。

1つ目は「神経を休めることができる場所」です。現在は、お金さえあればどこへでも行けますが、神経を休める場所は中々ありません。

風俗エステは、精神的なヒーリングと肉体的な性感マッサージの2つを有していることから、精神と肉体の両面から疲れた神経を休めることができます。この2つがミックスして、疲れた神経をもう一度立ち直らせてくれます。

2つ目は「職場や家庭とは別環境の自分の居場所」です。一般的には職場や家庭や趣味などに自分の居場所があります。ところがそれだけでは、充たされない方もいらっしゃいます。
風俗エステは、職場や家庭や趣味などでは、充たされない方の居場所を提供させていただいています。

3つ目が「わずかな背徳感」です。世の中、品行方正で、正しく生きたいとだれもが思っています。ところが、どんな人でも「闇」や「人にはいえない感情」を持っています。

ただし、これらの感情をそのまま表には出せません。そんな時にこそ、風俗エステで「わずかな背徳感」を感じていただきます。背徳感を感じることで、精神的なバランスをとることができるのです。