ポイントは3つ!優良デリヘルを見分ける方法/風俗大百科

デリヘルのサービス、遊び方を知ろう!デリヘルユーザーが最も知りたいことの一つ「ポイントは3つ!優良デリヘルを見分ける方法」をご紹介。

ポイントは3つ!優良デリヘルを見分ける方法

デリヘルは数ある風俗業種の中で、最も「店の数」が多い風俗です。どんな田舎にでもあるし、地方でもたくさんの選択肢がある。その中でハズレ店を避け、当たり店を見つけるにはどこをチェックすればいいのか?優良デリヘル店を見分ける、特に重要なポイントを3つ押さえていきましょう!

風俗情報サイトに掲載されている

デリヘルのみならず風俗店は、営業の届け出を出しOKをもらわないと違法営業になってしまいます。しかし、もし店側が届け出を出してるとウソをついて営業していても、客は気付くことができません。

そこで登場するのが「風俗情報サイト」や「デリヘル情報サイト」。たくさんの風俗店が地域別や業種別でまとめて掲載してある情報サイトのことです。

ここに掲載されているデリヘルは、ほぼ間違いなく安全と言えます。なぜなら、風俗情報サイトに掲載するには営業の届け出を出した証拠である「届出番号」などを提出しなければいけないからです。それを提出すると情報サイト側でチェックされ、本当に届出されていたら掲載OKと判断が出ます。

風俗情報サイトやデリヘル情報サイトは、違法な店を載せていると信頼性がなくなり、他の真面目な店が敬遠してしまいます。

情報サイトに掲載されていれば優良デリヘルと言えますが、それでも心配な場合は、情報サイトの「広告掲載募集」などと書いてあるページを見てみて下さい。そこに「店舗様は届出番号をー」と書いてあれば、そのサイトはきちんとチェックをしてから掲載しているということが分かります。

ポストにピンクチラシを入れていない

繁華街や歓楽街、風俗街の近く、また単身用マンションが多い地域で、たまに郵便受けにピンクなチラシが入っていることがあります。最近よく見かけるのはメンズエステの小さなチラシですが、これのデリヘルバージョンもたまに入ることがあります。

ピンクチラシを入れている風俗店は、基本的には利用しないほうが無難です。なぜなら「ピンクチラシを入れないと客が来ない店」だからです。

もちろん新しくオープンしたデリヘルということもあり得るでしょう。しかしそもそもピンクチラシを郵便受けに入れるのは違法とされています。最低限の法律やマナー、ルールも理解せず(または守らず)営業しているデリヘルなんて怖いですよね。

もし届出のない店だったら、遊んでいる客も迷惑を被る可能性が。

ただ、ピンクチラシに関しては入れているデリヘル店のほうが少ないです。わざわざピンクチラシが入っているデリヘルを利用しなくても、デリヘル情報サイトで自分の住んでいる地域で検索すれば、迷うほど優良店がヒットするはずです。

デリヘル嬢が本番交渉をしてこない

デリヘルの話題で多いのが「本番」についてです。本番とはセックスの本番、つまり挿入のこと。デリヘルでは本番が禁止されていますが、客からお願いされたり、逆にデリヘル嬢からお誘いがあったりしてこっそり行われている場合があります。

特にデリヘル嬢のほうから本番のお誘いがあった場合、客としてはラッキー!と思うかもしれません。でも実は、本番が日常化している可能性が高く危険なんです。

客が本番交渉をしてきて嬢が断る、これも女の子からすれば迷惑なのでやめるべきですが、比較的よくある日常です。しかしデリヘル嬢が断るどころかむしろ自ら誘ってくるということは、客全員に本番を許していると思っても過言ではありません!

デリヘルでの射精・フィニッシュはフェラからの口内発射ですが、フェラでイカせるのはアゴが疲れます。本番をさせたほうが楽、という嬢もいるくらいです。

だけど本番を日常的に行っている嬢と遊んでいると、警察が踏み込んでくる可能性も無きにしも非ず。本番中に踏み込まれたら現行犯になってしまうかも・・・。自分は無事でも、他の客の本番行為で芋づる式に判明することもあります。これが一番怖いところ。

本番などOKせず、最後まで頑張ってフェラでご奉仕してくれるデリヘルこそ、選ぶべき優良デリヘルなのです。