ヌキあり・ヌキなしメンズエステの見分け方/風俗大百科

ヌキありの風俗エステとヌキなしの一般エステの見分け方とは?風俗エステと一般エステの違いが分かりづらい理由と確実な対処法を伝授。

ヌキあり・ヌキなしメンズエステの見分け方

風俗エステや性感エステと書いてあれば確実にヌキありのメンズエステで間違いないのですが、たまにセラピストやエステティシャンである女性の顔が隠されているヌキなしのメンズエステを見掛けます。ヌキあり・ヌキなしの違いは一体どこで見分けられるのでしょうか?

ヌキあり・ヌキなしエステの共通点

ヌキありの風俗エステとヌキなしの通常メンズエステには、たくさんのややこしい共通点があります。これがあるから違いが分かりづらくなっていると言えますね。

まず、お店のHPのTOPページ。電話番号や営業時間、癒しやマッサージなどの文言、システム・スケジュール、セラピストなど、どちらもほぼ同じような作りになっています。ヌキなしエステのHPを見ても、ぱっと見風俗エステのHPとなんら変わらないのです。

次にシステム・料金のページに行ってみます。ここもほとんど違いがありません。料金が高ければ風俗エステなのでは?と思うかもしれませんが、その淡い期待は打ち砕かれます。

メンズエステは高級志向の店も多く、ヌキありだろうがヌキなしだろうが見分けられるほど大きな価格差がないのです。指名制度も通常のエステにもあるものなので、違いはなし。

最後にセラピスト、女性ですね。ココもとても意地悪な作りをしています。ヌキなし店なのに、顔が隠されている・・・。単に女性の顔をネット上に掲載するってことができないだけだと思いますが、男としては全く判断材料がなく詰んでしまいます。

ヌキなしエステはあえてセクシー路線?

ヌキあり・ヌキなしエステは、共通点のほうが圧倒的に多いです。これはおそらくですが、ヌキなしエステのHPは多少風俗エステを意識してわざと似せているんじゃないかと思います。

男性向けのマッサージといえば指圧や整体で、紙パンツ姿になってのオイルマッサージはまだまだ広まっていません。これは指圧や整体のほうが気軽で安く、オイルマッサージができるメンズエステは高級志向で料金が高いからです。

ヌキありエステの強みは「性的サービス」「抜けること」ですが、反対に男性からするとヌキなしエステに行くメリットってあまりないんですよね。そこでヌキなしエステも風俗エステのように、女性のルックスやスタイル、性格で売る!というセクシー路線を取っているんだと思われます。

男性も、同じように女性からマッサージされるなら、Tシャツにショートパンツなど露出が大きい女性にされたいでしょうし、可愛い子や好みの子を指名したくなるでしょう。

だからヌキなしだからといってお堅い真面目な雰囲気を出すよりも、まるで風俗エステのHPかのようなデザインや見せ方、文言で客を引き付けようとしている可能性大です。

ヌキあり・ヌキなしメンズエステの違い

どのエステHPでも確実に参考になるのはやっぱり「当店は風俗店ではありません」「性的サービスは行っておりません」などの文言の有無です。

良心的なヌキなしエステだとTOPページの目立つところやフッター(一番下)の部分に書かれていることもあるのですが、一般的にはシステム・料金のページなど中のページに注意事項として書かれていることが多いです。

逆にヌキありエステの場合は、性的サービスなしの文言ではなく「お客様がセラピストに触れる行為は禁止」と書かれてあるなど、別の注意事項になっています。

ほとんどの場合はシステムページ内の注意事項を見れば判断付きますが、より確実なのは「メンズエステの総合情報サイト」からメンズエステを探すこと!情報サイトはまず風俗・一般で分けて探すことができるので、HPでどちらか見分けが付かなくても大丈夫。

ヌキなしなのにヌキありだと思って損してしまった、本格エステを受けたかったのになぜか性的サービスに・・・。そんな不毛な1回にならないためにも、情報サイトの活用が第一です。情報サイトに載ってる風俗エステ店は、きちんと届け出も出しているので安心ですしね。